検索アルゴリズムの変更が理由で、企業が業績を下降修正

公開日: : 最終更新日:2014/05/08 WEBサイト運営, 起業・ベンチャー

GMOアドパートナーズ、業績予想を下方修正

2月頭の話なので、ちょっと前の事なのですが、GMOアドパートナーズが業績予想を下方修正したことを発表しました。売上高、営業利益、経常利益、純利益のすべてを下方修正しています。

その発表された修正の理由の中で面白い記述がありました。
面白いなんて、言っちゃいけませんが。

(2) 修正の理由
 通期の売上高につきましては、前期比23.1%増収となるものの前回発表予想から10億77百万円の減少となる見込みです。リスティング広告、スマートフォン広告、ソーシャル広告などが好調推移しているものの、フィーチャーフォン広告や純広告の取扱は下期以降に下げ止まらず、予想を下回りました。(中略)売上高が予想を下回ったのに加え、昨年夏にあったGoogleの検索アルゴリズムの変更による影響でSEO商材の販売不振などがありました。

※太字は引用者

SEO商材とは?

ご存知のように、GMOアドパートナーズはインターネット広告事業の会社で、営業の電話が結構かかってくる会社というイメージ。

それはさておき、Googleのアルゴリズムの変更でSEO商材が売れなくなったということは、Googleが推奨していない、場合によってはペナルティの対象になるような商材だったということです。具体的には、被リンク販売ではないかと思います。

Googleの検索アルゴリズムの変更

例えば、この記事「今さらだけど知っておきたい! パンダ・ペンギンアップデートとは?」にもあるように、Googleのペンギンアップデートによって、意図的な被リンクでのSEO対策の効果がむしろマイナスに働くようになりました。

被リンクを大量にあることは、かつてはサイトの検索順位を上げるのに、かなり有効なSEO対策でしたが、それ以降、完全に逆効果をもたらすものになっています。

GoogleはSEO対策のためだけのリンクに厳しい姿勢をとり続けています。
ややもすると、サイトが検索結果にまったく表示されないこともあります。
そんなリスクがあると、被リンクをはるSEO商材が売れなくなるのは、まあ当然といえます。

Googleの方針によって、企業の業績が変わる

今さらながら感じたのは、Googleという企業の影響力の大きさです。
GMOのような大きい会社ならともかく、中小の企業で主力の商品が、今回のような形でGoogleの方針によって、意味のないもの、あるいは逆効果になるものになってしまうことを思うと目もあてられません。

自分ではコントロール出来ないところで、状況が変わってしまうのは、企業運営、サイト運営を考えると怖さがありかつてのMicrosoftがそうだったかもしれませんし、現在でもAppleはそのくらいの影響力はあるかもしれません。ます。最近だと、Facebookにリソースを投入しているところでは、そんなリスクが大きいのではないかと感じますね。

関連記事

iPhoneアプリで使うIP電話「SMARTalk」で携帯通話料を節約!

電話代をなんとか抑えたい! 小規模経営の問題というと大げさですが、事業にはそれに関わる様々な支払

記事を読む

追悼 鶴見俊輔

私は、自分の内部の不良少年に絶えず水をやって、枯死しないようにしている 鶴見俊輔が

記事を読む

見知らぬ電話番号からの営業TEL 〜事業者は顧客リストとどう接するか〜

見知らぬ番号からの営業TEL 移動中だったので出られなかったものの、見知らぬ番号から電

記事を読む

STAP細胞と芸術-サムネイルイメージ

STAP細胞と芸術

恥ずかしながらの後出しジャンケン そろそろ、後出しジャンケンしてもいい頃でしょうか。 S

記事を読む

【初心者入門編】レスポンシブデザインから考えるスマホファースト

レスポンシブデザインとは? このメディアライトのサイトは、大部分をレスポンシブWEBデザインで制作

記事を読む

Google検索エンジン最適化スターターガイドについて

SEOに必要な知恵はすべて「Google 検索エンジン最適化スタートガイド」で学んだ

使える! 「Google 検索エンジン最適化スタートガイド」 Googleは、おなじみの「

記事を読む

無料ECサービスについて

DeNA ZEROSTORE終了! 「BASE」「Yahoo!」など無料ECサービスの今後を考える

「DeNA ZEROSTORE」のサービス終了 DeNAの無料で利用できるECカート、

記事を読む

不惑のご挨拶

小林秀雄が、四十歳すぎて惑いはいよいよ深くなるばかりだみたいなことを書いているエッセイがあり、最初に

記事を読む

LINEレンジャーとグノシーから見る段階的広告戦略

LINEレンジャーの巨大看板 地元の駅に「LINEレンジャー」の大きな看板が出ていまし

記事を読む

サッカー日本代表に見る民族的メンタリティ

ワールドカップ終了! ワールドカップ前の前回の記事で、サッカー日本代表メンバーを予想し、23人

記事を読む

PAGE TOP ↑